されど汝は踊らでやまず

Ich möchte schlafen, aber du mußt tanzen.

PMSとの戦い①

PMSと戦うためのメモです。PMDDよりかも。

実際に戦う段にはまだ至りませんが、その前提として。

最初に確認しておくと、

PMSと は月経前症候群、生理前に全身の不調が現れることです。

PMDDは月経前不快気分症候群、生理前にのみうつ病同様の症状が出ます。

わたしの症状

わたしのPMSの中心になるのは、以下2つの状態。

  • 一切楽しいという気持ちがなくなり、「死にたい」しか考えられなくなる
  • 気が立って全然知らない人(電車で近くにいる人とか)に腹が立つ

精神的な落ち込み以外だと過食、にきび、過眠などです。

たぶんわたしは、普段は「おっとりしてる」「やさしい」とか言われる方で、

実際あまり腹を立てません。身近な人に言葉で怒ったことは、年単位でないと思います。

しかし生理前になると自分が自分でなくなってしまう。どこにいたのかわからない攻撃性が、自分あるいは赤の他人に向かうわけです。

 

自分に向かうときは気持ちだけではおさまらず、具体的な方法まで調べます。さすがに決行する勇気はありませんが、でもけっこう近いところまでいってしまいます。

自分が変わり果てるだけでも辛いのに、変わり果てる方向性がほんと有害で…。

PMDDほどの激しい変貌ではないと思いますが、PMSの中では精神的症状が重い方かと。

 

生理が始まるとおさまりますが、今度は貧血で判断力がめちゃくちゃに下がります。

何よりも辛いのはそこです。

その上に腹痛、冷え、吐き気という身体的な辛さと、行動を制限される不便が加わる。

冷えの辛さは、体が温かい人にはぴんとこないでしょうか。わたしはもともと冷え性なので、生理中は夏場でも鳥肌が立ち、手が震えるようなレベルの寒さになります。腹痛はそこまでですが、バファリン程度の弱い薬では効きません(イブAorロキソニン頼み)。

 

生理の症状としては、すごく重い方ではない(中くらい~やや重い)と思いますが、それでも疲れます。家に帰るともう体が鉛のようですし、気持ちがもう疲れ切っています。

生理前の段階ですでに精神的疲労がたまっているので、死体に鞭打たれるような気持ち。

正気でいられるのは1週間×2

そんな心身のジェットコースターに27日スパンで載せられるとなると、もう本当に何のために生まれてきたのかわからなくなります。

わたしは排卵の頃にも出血しますし、薬を飲まないと耐えられない程度の腹痛や、気分の落ち込み、集中力の減退があります。3日ほどの軽い生理みたいなものです。それとPMSが5日、生理が6日あるとすれば、 わたしが平常でいられるのは27日中13日です。

生理と生理の真ん中に排卵日がくるので、じっさいは排卵日と生理の間の1週間ほど×2回が、わたしが健康でいられる貴重な時間です。

こんなかんじ

f:id:asobiwosemuto:20180412161402j:plain

生薬様ハーブ様たすけてください

そんな状態のまま生きていくのは、もういやです。

なんのために生まれてきたんだろう、死んだほうがましだとかもう思いたくない。

わたしには好きなことがあり、やりたいことがあるのに、こんなことにもう足を引っ張られたくない。頑張れるようになりたい。

アンパンマ~ン!!!

www.youtube.com

アンパンマンに励ましてもらったので、どうにかしなきゃ、

そうだ生薬さま、ハーブ様のお力を借りようと思いたちました。

ピルは経済的に続きませんし、頭痛持ちでよくイブAorロキソニンを飲んでいるので、

飲み合わせを気にしないで済むものがいいなと思ったからです。

 

その調べた結果をにこれからまとめたいなと思います。