されど汝は踊らでやまず

Ich möchte schlafen, aber du mußt tanzen.

PMSとの戦い②プレフェミン・養命酒を試してみました

前回記事(症状の説明と決意表明)はこちら(https://youmustdance.hatenablog.com/entry/2018/04/12/162511)。生理前の精神的症状(PMS、ややPMDDのような抑うつ傾向もあり)がつらくてしかたなかったわたくし、前回、たたかう決意表明をしました。

今回からは、少しずつその対策と結果をレポしていきたいと思います。目次です。

試してみたいものたち

さて、試そう&比較しようと思ったのは、以下。この中から効果とランニングコストをあわせて、何か1つ選びたいと思います。

  1. チェストツリー(医薬品)
  2. チェストツリー(サプリ)
  3. チェストツリー(ハーブティー
  4. チェストツリー(育てる)
  5. 養命酒
  6. 命の母
  7. 漢方薬

だいたい、試してみたい順であげています。今回は①チェストベリーの医薬品「プレフェミン」と⑤養命酒の感想を。

※すべて個人の感想です。体質による差が大きいので、ご覧になる場合もあくまでご参考程度にお願いします。

効果ありましたプレフェミン!

まず、何もわからない状態でドラッグストアに行き、買ってみたのがこれです。

prefemin.jp薬剤師さんからは、3ヶ月(=3箱、約6000円弱)飲み続けるようにとのことでしたが、いろいろ試したいのでまず1箱購入。税抜き1800円です。

12月、生理がおわって数日たった頃から始めて、毎日1錠のんだところ、生理前、明らかに気持ちが楽でした。何にびっくりしたかって、いつのまにか生理がやってきたことです。今までだったら、「もう死なせてくれ…」という気持ちをしっかり味わった末にやっとやってきます。ほんとうになんて楽になるのかと驚きました。

 

生理痛にはあまり変化がありませんが、それは別に期待もしてなければ必要ともしていないので、効果はもう十分期待以上。そして、1箱飲み終わった後、服薬をやめても効果は2ヶ月近く続きました。

メリットは

  • 1日1錠で続けやすくコンパクト
  • 効果をはやく体感できた
  • 1箱を飲み終わったあとも効果が2ヶ月近く持続
  • 薬の味がおいしい
  • 鎮痛剤と併用できる

デメリットは

  • 最初すこし生理が遅れる(1週間ほど)
  • ランニングコストはそれなり
  • やめてから3ヶ月たつと少し症状が戻ってくる(1箱のみの場合)

でしょうかね。

とまれ、チェストベリーの効果は身を持って知りました。チェストベリーには妊娠に関わるホルモンであるプロゲステロンのバランスを整える効果があるそうです。

チェストベリーがきいたということは、わたしは2種類の女性ホルモンのうちプロゲステロンに注力していけばよいわけです。わたしを苦しめてきた原因がわかっただけでもすごくありがたいことです!

しかし体質改善にはある程度の期間飲み続けないといけませんので、あとはなるべくランニングコストがかからずよい製品を探したいと思います。 

わたしには難しかった養命酒

プレフェミンの効果が薄れたあと、1ヶ月あいだにおいて3月、今度は養命酒を同じ期間飲んでみました。養命酒はずっと亡くなった祖父が飲んでいました。プレフェミンの効果がでたのはもしかしてプラセボかも?という思いもあったので、わたしが信じているものを間にはさんでみようというわけです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】薬用養命酒(700mL)【養命酒】
価格:1674円(税込、送料別) (2018/4/18時点)

 

このサイズの、普通の養命酒です。700ml1700円くらいですかね。

 

養命酒はアルコール度数14度、1日3回20mlずつ飲むのが本来の推奨されている飲み方ですが、1日3回というのはさすがに難しいです。 

それで朝夕2回にしたのですが、お酒に弱いほうでして、朝は厳しいものを感じました。なんだか心臓がばくばくするので、忙しい時間帯にポンコツになってしまう…。

いえ、同じくらいの度数のワインならグラスで3杯くらいまでは一応飲めます(それ以上は嘔吐)から、きっとただ酔ってるのではありません。血の巡りもたぶん良くなってます。が、それがどうも落ち着かなくて、朝動揺してしまいます。

 

冷え性なので血の巡りがよくなるのはありがたいんです。しかしなぜか、養命酒では顔を中心とする肌のほうが熱くなってしまい、末端の冷えにはいまひとつでした。(やはり酔っ払ってるだけ…?)

しかも、肌が弱いほうなので、顔が熱をもつと痛痒くてしんどいです。手足の古傷などもかゆくて真っ赤になってしまいます。特に朝は、顔が赤くなってしまうとメイクするのに困ってしまいます。赤みが引くまで待っていられません。

 

そんなわけで結局、夜1回飲むだけになってしまいました。寝る前に飲むと寝付けなくなるのでタイミングは食後にしました。

 そんな感じでプレフェミンと同じく1ヶ月、生理が終わった数日後から飲んだところ、

メリットは

  • スパイシーかつ甘くて飲みやすい
  • 体質改善につながるかな?という感じはたしかにある
  • 特に下痢・便秘が改善される
  • お茶との組み合わせが冷え・便秘に有効
  • 入手しやすい

といったあたりでした。

寝付きがよくなり、全体的な体調がよくなった感じはたしかにありました。これは薬効なのか、酔っ払ってるのか、生活リズムが整ったためなのか、よくわかりませんが。しかしわたしは結果が出るなら何でもいいので、十分なメリットだと感じました。

 

また、普段はお腹を壊しやすく、生理前便秘になりがちなのですが、そういった変動がかなり小さくなりました。

特によかったのは、ミルクティーに入れてチャイ風にして飲むこと。わたしは体をあっためるためにお茶をのむのですが、どうもお茶を飲むと激しい便秘に襲われます。なんでもタンニンがよくないんだそう。

www.alpina-water.co.jp

わたしは最近健康のためにお茶を飲むようになった根っからのコーヒー党ですので、こんな腹痛は経験したことがなく困ってましたから、たいへん助かりました。養命酒とお茶を一緒に飲むと便秘にならず、養命酒よりもおだやかに体をぽかぽかにできます。これはほんとにおすすめです

 

デメリットは

  • お酒に弱い人は用法・用量を守りにくい
  • ランニングコストは実は高め
  • 末端の冷えにあまりきかない(肌ばかりほてる)
  • PMSへの効果もあまり感じられない
  • ちょっと心臓がばくばくするからむしろ不安になる
  • 場所を取る

そう、肝心のPMSには便秘以外とくに変化がなかったのです。生理痛はむしろ普段よりも重い…。うーん、もともとPMS用のものではないですし、わたしがお酒に弱くってうまく使えなかったため、養命酒さんのポテンシャルを発揮させてあげられなかったように思うのですが…とりあえずわたしの今のニーズには合ってなさそうです。

あと、用量を守れたとしても、1日60ml飲むとなると、1700円ほどの700mlボトルで12日分なんですよね…わたしは三分の一の量しか1日に飲めなかったのでプレフェミンよりも安くあがりましたが、本来はけっこうお値段がします。なんとなく昔からあるものって安いイメージがあったので、意外でした。

ニーズにいまいちあわない命の母

あとは生薬系の市販薬ということで、命の母。市販薬より病院に行ったほうがいいとは思うのですが、ちょっと敷居が高いので、こちらを調べてみました。

 

さて、命の母にはホワイトとAの2種類がありまして、公式サイトに比較表がのってます。

www.kobayashi.co.jp

これによると、精神系はA(更年期障害など)が強いようですが,でもこちらはほてり等の軽減を重視しているようです。一方ホワイト(20代~向け)は水分の滞りや血の巡りをよくすることに重きをおいていて、精神系のほうは少し手薄。うーん…その両方のいいとこ取りができたら最高だったんですが。

Aが冷えに影響しないのであれば精神系の効果だけをとってAを選んでもよかったのですが、それでさらに冷えるようなことがあったら怖いです(ほてりをとる薬ですから…)。年代があってないのも不安。

 

また、公式サイトには「年齢に伴う女性ホルモン(エストロゲン量)の変化と不調」のグラフはのっていますが、プロゲステロンのことはあまり…となると、もしかして、エストロゲンの調整に力を入れてるお薬なのかなと思います。チェストベリーがきいた(=プロゲステロンのバランスに問題があると思われる)私には不向きかもしれません。

そんな次第でやめておきます。もしほかが採用に至らなければ、漢方薬を調剤してくれるところに行って、Aとホワイトのいいとこ取りをした組み合わせのおくすりをお願いしようかと思います。

やっぱりチェストツリーかな

結局は、チェストベリー・チェストツリーのうちもっとも続けやすいものをきちんと続けて飲んで、体質改善をはかったほうがよさそうですね。

  • チェストツリー(医薬品)
  • チェストツリー(サプリ)
  • チェストツリー(ハーブティー
  • チェストツリー(育てる)

のうち、医薬品は今回試しました(プレフェミン)から、今度はサプリです。

サプリを毎日継続して飲んで、体質がよくなったら、あとは時々ハーブティーとかで取り入れるとかにできたらいいなあという心積もりであります。

サプリ(少量)でお安いのはここ、

 

プレフェミンの半額以下で、その他諸々のビタミンなども配合されています。ちょうどお買い物マラソン中なので買っとこ。もうちょっとしたら、また1ヶ月試して飲んでみます。

お茶ならここがお得かな?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニックチェストツリー 100g【有機JAS認定商品】
価格:1029円(税込、送料別) (2018/4/19時点)

 

でもお茶なら通販じゃなくてお店に行ったほうがアドバイスももらえそうだし、送料や何やを考えていいかな、という気も。

あと鉢植え・露地植えで育てられるようで…!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西洋ニンジンボク ( チェストベリー ) ポット苗 庭木 落葉樹 低木
価格:1814円(税込、送料別) (2018/4/19時点)

 

自分で収穫できるかはわかりませんけども、見た目がとっても好みです。胡椒のように料理にも使えるようですし、こういう見た目と実用性兼ねてるものはもういやでもすきになってしまいますよ。かわいい。プラセボじゃないですが、この子と一緒に暮らせるならがんばれちゃう感じがある。ちょっと環境が許せば育ててみたいな…。